映画 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

コメディの映画で一番面白いと思うくらい映画 ハングオーバー!は面白いです。
映画 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いのあらすじ

2009年のアメリカ映画 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いは、3シリーズの1です。

結婚前のバチュラーパーティのためにラスベガスに、2日後に結婚するダグ・ビリングス (ジャスティン・バーサ)と教師のフィル・ウィネック(ブラッドレイ・クーパー)と歯科医のスチュアート(スチュ)・プライス(エド・ヘルムズ)と義理の弟になるアラン・ガーナー(ザック・ガリフィアナキス)がラスベガスに行きます。
翌朝、3人は二日酔いで目を覚まします。
バスルームにはトラがいて、赤ちゃんがいます。
そして、ダグがいません。スチュアートは前歯がなくなっているし・・・
3人は、ダグを探ししますが・・・・

スポンサードリンク

■映画 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いの感想

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い [レンタル落ち]

中古価格
¥226から
(2016/8/9 13:28時点)


好き嫌いで別れると思いますが、
洋画の中では1番面白いかもしれないと思うくらい面白いです。
バカバカしいのですが、でも、面白いです。
アラン・ガーナーのザック・ガリフィアナキスは、見ていてイライラしますが、面白いです。

私は、バカバカしいと思って見ていなかったのですが、テレビでやっていたので見たら面白かったんですよね。
内容を知らないで見ると面白いと思います。
思いもかけない展開になっているところが面白いんですよね。

■映画 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔いの評価

★★★★
です。

これ以上に面白いと思ったコメディ映画は今のところないくらいです。

■まとめ

ハングオーバーは、シーズン3までありますが、やっぱり1が1番面白いです。
後のは、面白いけれど、1ほどではありません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました