映画 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月のあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

映画 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月は2004年の映画で2001年公開の『ブリジット・ジョーンズの日記』の続編です。
映画 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月Bridget Jones: The Edge of Reasonのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月のあらすじ

ブリジット・ジョーンズの日記1の続編です。
ブリジット・ジョーンズの日記1と同じように、ニューイヤーのパーティーにマークが来ています。
セーターは雪だるまのセーターです。
そして、ブリジット・ジョーンズもお揃いの雪だるまのセーターです。

ブリジット・ジョーンズは、前回と同じでドジなテレビレポーターをしています。
マークとはすごく仲良くうまくいっているのですが・・・・

マークの秘書レベッカにヤキモチを焼いて・・・・

ダニエルがテレビレポーターとして、ブリジット・ジョーンズ一緒に仕事をすることになります。
タイに一緒に行き、空港でミステイクで麻薬を密輸で捕まってしまいます。

マークが釈放してくれますが・・・・

スポンサードリンク

■映画 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月の感想

ブリジット・ジョーンズ(レネー・ゼルウィガー)、ダニエル・クリーバー(ヒュー・グラント)、マーク・ダーシー(コリン・ファース)と同じ顔ぶれです。

ブリジットがレベッカにヤキモチを焼く気持ちがよくわかります。
でも、最後は意外な展開で、面白かったです。
前回と同じように頑張って体重を増やしたレネー・ゼルウィガーはすごいです。

■映画 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月の評価

評価は
★★★
でしょうか。

■まとめ

続編は面白く無い映画が多いですが、コレは結構面白かったです。
私は、ブリジット・ジョーンズの日記の1も2もDVDを持っています。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました