映画 アバウト・ア・ボーイのあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

映画 アバウト・ア・ボーイAbout a Boyは、小説が映画化されました。
映画 アバウト・ア・ボーイAbout a Boyのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 アバウト・ア・ボーイのあらすじ

ニック・ホーンビィの小説です。2002年にイギリスで映画化され、アカデミー脚色賞にノミネートされました。

独身のウィル・フリーマン(ヒュー・グラント)は、父の印税で気楽な一人暮らしをしていました。
精神的に不安定で自殺未遂をしたりしているフィオナの息子マーカスと知り合います。
それから、マーカスがウィルになついて、母親には内緒でいつもウィルに会いに行きます。
ある日、シングルマザーに恋をし、そして、マーカスを自分の息子だと嘘をついて、シングルマザーのレイチェルに会うのですが・・・・
嘘がバレて・・・でも、ウィルは、段々本当にマーカスのことを父親のように気にするようになって・・・・
ウィルがマーカスによって段々変わっていきます。
そして、いじめられっ子だったマーカスも変わって行きます。

スポンサードリンク

■映画 アバウト・ア・ボーイの感想

アバウト・ア・ボーイ 【ベスト・ライブラリー 1500円:ラブ・ストリー&青春映画特集】 [DVD]


やっぱり、ヒュー・グラントは、イギリスでラブコメのキングと言われるだけあって、上手です。
この役にぴったりです。
フィオナの息子マーカス(ニコラス・ホルト)も、とても上手です。

最後は、ハッピーエンドで、ハッピーエンド過ぎるかな?という感じでもありますが・・・

でも、私はハッピーエンドが好きなので良い終わり方だと思います。

■映画 アバウト・ア・ボーイの評価

★★★
まあまあ楽しめるロマンチックコメディーです。

■まとめ

私は、映画 アバウト・ア・ボーイのDVDも持っています。
ヒュー・グラントが好きな人にはおすすめ映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました