映画「僕たちのラストステージ」のネタバレ、感想

ネタバレ
スポンサードリンク


映画「僕たちのラストステージ」Stan & Ollieは2018年のイギリス・アメリカの合作映画です。
日本での公開は2019年の4月19日です。ひと足先に見てきました。
映画「僕たちのラストステージ」のネタバレや、感想、レヴューを紹介します。

ネタバレなので結末を知りたくない人は映画「僕たちのラストステージ」のあらすじや、感想、レヴューを見てくださいね。


スポンサードリンク

■映画「僕たちのラストステージ」のネタバレ

1937年、スタン・ローレル(スタン)スティーヴ・クーガンとオリヴァー・ハーディ(オーリー)ジョン・C・ライリーはコメディ映画の俳優でした。

 

けれどもスタンはオーリーと映画の契約内容が違うため契約に納得がいかず契約しませんでした。
そのためオーリーは他の俳優とゾウの映画に出演します。

 

それから、18年後1954年に人気のなくなった二人は一緒にコンビを組みイギリスで舞台に立つのですが客席はガラガラです。
どんどん人気が出てきて客席もいっぱいになってきます。

 

パーティでスタンのでなかったゾウの映画の話になりスタンとオーリーは大喧嘩になります。
その後も二人は険悪なムードで仕事を一緒にしなければいけなかったのですが
オーリーは突然倒れてしまいます。

スポンサードリンク

 

医者にオーリーは仕事は無理だと言われリタイヤをします。

 

スタンは別のコメディアンとコンビを組み舞台に立つのですが舞台をキャンセルしてしまいます。
スタンはオーリーとしかできないと思いすべての仕事をキャンセルします。

 

荷物をまとめて帰ろうとしている時にオーリーが来て一緒に仕事をしようと言いに来て
また二人で舞台に立ちます。

■映画「僕たちのラストステージ」の感想

伝記映画です。
真実の話の映画は本当に良いですね。

 

最近はクィーンのフレディ・マーキュリーの物語ボヘミアン・ラプソディや、グリーンブックなどみんな見ましたが、
その中でもこの映画は心に残り、映画を見た夜は、なかなか眠れませんでした。

 

98分で短い映画の中に内容が上手にまとめられています。

友情映画でグリーンブックはアカデミー賞も受賞して良い映画です。
グリーンブックに劣らない良い映画です。

 

オーリー役のジョン・C・ライリーはメイクアップに4時間もかけていたというのですが、
本当に自然な太り具合です。

 

私は日本語タイトルを知らないでStan & Ollieという英語タイトルで見たので
内容も何も知らなくてワクワクしながら見ました。

この日本語のタイトル「僕たちのラストステージ」はネタバレになってしまっていて良くないですよね。

■映画「僕たちのラストステージ」の評価

評価は、
★★★★
とっても感動する映画です。
本物のスタンとオーリーの映画を見たくなりました。

■まとめ

グリーンブックはアカデミー賞受賞した良い映画ですが、この僕たちのラストステージもコレに劣らず良い映画です。
おすすめ映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました