映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のネタバレ、感想

アドベンチャー
スポンサードリンク

映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」(ジュマンジ2)は、2017年のアメリカ映画です。
日本公開は2018年4月6日ですが、一足先に見てきました。
映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のネタバレや、感想、レヴューを紹介します。

ネタバレなので結末を知りたくない人は映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のあらすじ、感想を見て下さいね。

スポンサードリンク

■映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」(ジュマンジ2)のあらすじ

1996年アレックスの父はビーチでボードゲームを拾います。
父は息子のアレックスに渡しますが

アレックスは「誰がボードゲームで遊ぶんだ」と言っていたら、ボードゲームがビデオゲームに変わります。

アレックスはそれをプレイするのですが・・・・

 

それから20年後の2016年です。

ハイスクールの生徒の4人のスペンサー、ベサニー、アンソニー、マーサは、居残りさせられ地下室を掃除する罰を受けます。

そこでジュマンジのビデオゲームを見つけます。

 

4人は掃除をサボってゲームで遊ぼうと
アバターを選んでスタートボタンを押した途端にゲームの中に吸い込まれてしまいます。

 

それから、4人は、ゲームで選んだアバター

スペンサー・グリフィンは、スモルダー・ブレイブストーン博士ドウェイン・ジョンソン)になり、

アンソニーは、フランクリン・”ムース”・フィンバーになり、

ベサニーは、オベロン教授 (ジャック・ブラック)になり、

マーサは、ルビー・ラウンドハウスになります。

 

NPCのガイドであるナイジェルから、ビッグゲームのハンター、ラッセル・ヴァン・ペルトから、ジュマンジの動物を操ることを可能にする宝石「ジャガーの目」を手に入れ巨大なジャガーの像に戻し、「ジュマンジ」と言ってゲームを終わらせることが出来ることを教えてもらいます。

途中でジェファーソン「水上飛行機」マクドノウと呼ばれるパイロットに助けられます。

スポンサードリンク

彼は20年前にいなくなったアレックスだったのです。
アレックスは数ヶ月だと思っていたのですが20年も経っていました。

 

アレックスは蚊に刺されて死にそうになりますが、ベサニーにCPRをされて命を取り留めます。

 

そして、宝石「ジャガーの目」を手に入れ巨大なジャガーの像に戻しゲームを終了し現実に戻ります。

 

4人はアレックスの家の前で大人になり結婚し、子供も出来たアレックスに会います。
アレックスは、4人がゲームの4人だと分かり、命の恩人ベサニーに自分の娘の名前はベサニーにしたと言います。

 

4人は学校でジュマンジのゲームを見つけ誰もゲームをすることが出来ないよう壊します。

■映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」(ジュマンジ2)の感想

ジュマンジ1を見た時はドキドキしながら怖いと思って見ましたが、これはそんな気持ちがわかない映画でした。
面白いけれど、ドキドキワクワクのない映画です。

私は映画を見るのが大好きなので映画館で見て満足でしたが、映画館で見なくてもDVDが出てから見ても大丈夫な映画です。

 

予告編で可愛い女の子がジャック・ブラックになっているところは何度も見て笑ってしまったので、実際見ても笑えませんでした。

予告編を見ていなければもっと笑えたかなと思います。

■映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」(ジュマンジ2)の評価

評価は、
★★★です。

でも、ジュマンジ1は
★★★★だと思います。

■まとめ

ジュマンジ1は本当に良い映画ですが、ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルは、悪くはないけど、ジュマンジ1と比べると・・・・
期待しないでみれば面白いかもしれません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました